VULCANIZED SOLE

VULCA_01

VULCANIZED SOLE(ヴァルカナイズド・ソール)について / About the VULCANIZED SOLE

VULCANIZED SOLE(ヴァルカナイズ・ソール)とは、
主にスニーカー(運動靴)におけるソール(靴底)製法のひとつで、ソール部分と、アッパー部分を加熱によって圧着・一体化させる製法となります。ソールとアッパーを直接圧着させていますので、接着剤を使用する製法に比べて、屈曲性が高く、ソール剥がれや、経年劣化に強いという特徴を持っています。また、スニーカーの製法の中でも、最もクラシカルな製法で、作業工程のほとんどを手作業によって行うため、作業効率の問題などから、現在では製造工場も大変少なくっています。

 

About the VULCANIZED SOLE

The VULCANIZED SOLE is a manufacturing process mainly found in sneakers. The process of the vulcanized sole includes pressure bonding the sole and upper portion by heat. Since the sole and uppers are contact bonded rather than being glued together, it is more flexible, durable, and avoids age deterioration. The vulcanized sole is the most classical manufacturing method in the sneaker industry and is also very rare since the procedure is carried out mostly by hand.

VULCA_02